「未分類」カテゴリーアーカイブ

インターネット〇

大学生の息子が大学の近くに一人暮らしをすると言い出し、通学45分だった自宅から引っ越しました。
車で片道50分なので、親父引越センターが昨日今日と4往復で荷物を運び、新居が出来上がりました。
そこで問題発生。
今どきの大学生ですから、パソコンは必須です。物件説明ではインターネット「〇」となっており、息子も物件の確認でインターネットは必ず使う事と、すぐ使える環境になっていることを確認したようですが、行ってみるとLANの口などありません。
物件は息子が見つけてきており、親は未確認でしたので、不動産屋に確認すると、ケーブルテレビとNTTの回線は工事済なので自分で契約してほしいとのこと。
立ち合いの時に担当者と話したときには、ケーブルテレビの同軸ケーブルの差込口がインターネットの口と言われたので、入居までに使えるようにしておきますといわれたとのこと。
その時の担当者は不在となったので、息子の認識と不動産屋の窓口の対応があってない。担当者に確認を入れるも連絡付かず。
さて困ったぞ。いわゆるインターネット完備物件(無料でインターネットが使える物件)と息子は思っていたようですが、不動産屋からすればインターネット対応物件(線は宅内まで来ているので自分で契約してね)とのこと。ただ物件立ち合いの時の担当者の言い方は、「完備物件」のトークですね。
まあ息子には、無料のWiFi環境を作ってもらうか、宅内までインタネット接続口をつけてもらうように交渉しな。それでなければ、毎月の家賃から接続料金3~4千円をひいてもらうように交渉しな。といったものの無理でしょうね。
息子としては親に頼らず自分で確認したためネット環境の細かいところがよくわかっていなかったという事と、不動産屋も案外よくわかっていないことが多く、説明があいまいなことが多いですから結果うやむやなわけです。本人ショックで落ち込んでますが、まあ勉強になったかな。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan

 

猫を飼っています

いびきとは関係ない話で申し訳ないのですが、猫を飼っています。

トラシマの繭ちゃん。

三毛猫の蘭ちゃんです。

長男の龍之介(人間息子)を愛する妹たちです。6匹兄弟のうち2匹をもらってきた、保護猫姉妹です。

いびき解消よりは、安眠の為のストレス解消の話になると思います。
動物(ペット)との触れ合いがストレス解消になることは昔からよく知られています。不思議なもので人間の子育ては、楽しい半面かなりのストレスだったりします。たぶん親としての義務や責任が重くのしかかるのでしょう。ペットに関してもただ可愛がるだけではいけない義務もあるし、残念ながら寿命の短い彼ら、彼女らを看取るストレスも相当ですが、それ以上に我々を癒してくれる小さな命に感謝して、時々このブログにも登場してもらうつもりです。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan

 

大宮区役所新庁舎地固め祭(ビデオ3)

2019年5月に新築移転予定の新大宮区役所「地固め祭」が、6月11日(日)に新大宮区役所建築地で開催されました。
ビデオが登録されているYouTubeアドレスをかいておきます。
写真家 浅田政志さんに撮っていただいた、皆さんの写真をスライドショー動画にしました。

https://www.youtube.com/channel/UCDiDfRmLYufeZyFSg084bmA/videos

音楽付きが再生できない場合は音楽無しを試してみてください。

人文字とグループ写真で分けた短いバージョンもあります。

 

https://www.youtube.com/user/34gooo

ドローン画像はぜひ大画面でお楽しみください。

新大宮区役所地固め祭(ビデオ2)

2019年5月に新築移転予定の新大宮区役所「地固め祭」が、6月11日(日)に新大宮区役所建築地で開催されました。
ビデオが登録されているYouTubeアドレスをかいておきます。
写真家 浅田政志さんに撮っていただいた、皆さんの写真をスライドショー動画にしました。

https://www.youtube.com/watch?v=ckq8ks1bVZw

https://www.youtube.com/user/34gooo

ドローン画像はぜひ大画面でお楽しみください。

 

https://www.youtube.com/channel/UCDiDfRmLYufeZyFSg084bmA

 

新大宮区役所地固め祭(ビデオ)

2019年5月に新築移転予定の新大宮区役所「地固め祭」が、6月11日(日)に新大宮区役所建築地で開催されました。

ビデオが登録されているYouTubeアドレスをかいておきます。

https://www.youtube.com/user/34gooo

ドローン画像はぜひ大画面でお楽しみください。

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCDiDfRmLYufeZyFSg084bmA

360度ビデオです。画面をドラッグすると、360度画像が見えます。

新大宮区役所地固め祭

2019年5月に新築移転予定の新大宮区役所「地固め祭」が、6月11日(日)に新大宮区役所建築地で開催されました。

大宮区役所新庁舎の建設は、地域社会が変わっていくきっかけとなるとても良い機会です。この機会に市民有志が集まり、何か市民の力でできないものだろうかと考え、奈良時代東大寺大仏殿の建設の際に、日本国民の大部分の人たちが、未来の日本が良くなるように藁一本、土一かけらでも持ち寄って建設に携わったという歴史の話を参考にこの企画が立ち上がりました。

まったく何もないところから立ち上げ、当日は1300人もの老若男女の区民参加者が集まってくれました。

新大宮区役所のイメージを子供にわかりやすいように展示。

清水さいたま市長も参加していただきました。

なんと1300人の参加者!当日ぶっつけ本番の人文字!

お相撲さんと一緒に、四股踏みで区民の思いを大地に込めます。

仕上げに大ジャンプ!地面を踏み固めろ!

最後に、風船飛ばしで大フィナーレ!

更に希望者にはプロカメラマン浅田政志さんが家族写真を撮ってくれました。

これから何10年と続いていく新区役所の歴史第一歩に、委員として参画し、何物にも代え難い経験をさせていただきました。この後みんなの写真をタブロという冊子にして、大宮区内小学校中学校全員に配布するとともに、大宮区役所でも希望者に無料で配布します。

ストレス対処行動

現代日本は、高度な医療体制や清潔な環境等により、世界でも最も長寿の国となりました。
しかしながら、3月20日の「国際幸福デー」に合わせ、国連が発表した世界各国の幸福度では、155か国中51位となっています。細かい指標もありますが、日本は人生選択の自由度や性の平等性、他者への寛容さ等が低く見られたようです。
戦争や飢餓などに悩まされない長寿国ではあっても、仕事や人間関係などストレスが多く、それほどの幸福感が得られていないのが現代の日本なのでしょうか?
そのストレスに関しての疫学研究論文がありますので、ご紹介したいと思います。
ストレスと睡眠不足による不休養に相関があるようですが、余暇の過ごし方でストレスが解消され、睡眠不足が解消されるようですね。余暇に寝て過ごすよりはより能動的にストレス解消に動くほうがよいようです。

日本人のストレス対処行動および余暇の過ごし方についての疫学研究
http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/public_health/st-taisho.pdf
厚生労働科学研究費補助金(循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業)
分担研究報告書
日本人のストレス対処行動および余暇の過ごし方についての疫学研究
研究分担者
兼板佳孝1 三島和夫2
研究協力者
池田真紀1
1
日本大学医学部社会医学系公衆衛生学分野
2
国立精神・神経センター精神保健研究所精神生理部
研究要旨
本研究課題は、日本国民のストレスおよびストレス対処行動、睡眠による休養不足、不眠症状、余暇の過ごし方に関する疫学データを集計するとともに、これらの間にみられる関連性を明らかにすることを目的とした。厚生労働省が実施した平成19年国民健康・栄養調査データ(男性3,622人 女性4,197人)を用いて統計解析を行った。
ストレスの自覚は男女共に20歳代~40歳代に多く認められた。睡眠による休養不足(睡眠休養不足)は男女共に20歳代~40歳代に多く認められた。一方、不眠症状は男女共に50歳以上に多く認められた。ストレスの程度が大きくなるほど、睡眠休養不足や不眠症状の有訴者率は高値を示した。男性では、ストレスの対処として趣味を行うことにおいて、睡眠休養不足に関する調整オッズ比が低値を示した。一方、刺激や興奮を求めることにおいては、睡眠休養不足に関する調整オッズ比が高値を示した。女性では、ストレスの対処として趣味を行うこと、テレビやラジオを視聴すること、楽観的に考えることにおいて、睡眠休養不足に関する調整オッズ比が低値を示した。男性では、ストレスの対処として趣味を行うことにおいて、不眠症状に関する調整オッズ比が低値を示した。一方、我慢して耐える、刺激や興奮を求める、飲酒することにおいては、不眠症状に関する調整オッズ比が高値を示した。女性では、ストレスの対処として趣味を行う、悩みを聞いてもらうことにおいて、不眠症状に関する調整オッズ比が低値を示した。
余暇をどのように過ごすかは、性別や年齢階級によって異なる傾向にあった。男性では、余暇の過ごし方として自宅でのんびりする、友人と過ごすことにおいて、ストレスに関する調整オッズ比が低値を示した。女性では、余暇の過ごし方として友人と過ごす、運動スポーツ、買い物において、ストレスに関する調整オッズ比が低値を示した。
男女共通してストレスの軽減には、友人と過ごすことが効果的であることが示唆された。能動的な休養においては、人との交流を図ることが重要と考えられた。

A. 研究目的
厚生労働省は、昭和63年に第2次健康づくり対策として“アクティブ80ヘルスプラン”を提唱して以来、栄養、運動、休養を健康づくりの3要素として、健康づくり運動においては、欠かすことのできない重要な項目として挙げられてきた。平成6年には、健康を基本にすえた休養の普及を図り、より健康で豊かな活力ある生活の想像に役立てられることを目的として、「健康づくりのための休養指針」が策定された。1この指針の策定に当たって、休養は、「休む」ことを目的とした消極的な休養と、「養う」ことを目的とした積極的休養の二つの概念に分けて捉えられ、「休む」こと、すなわち消極的な休養は心身の疲労からの回復を目指したものとして、「養う」こと、すなわち積極的な休養は心の糧となる活動を通して生きがいの創造を行うものとして理解された。2,3
近年、国民の生活スタイルや国民の勤労形態は多様化し、社会経済情勢も大きく変化した状況にあって、平成6年に策定された「健康づくりのための休養指針」では現在の国民生活には対応できない点が多いと考えられるようになった。そのため、国民の健康づくり運動の更なる発展のためには、現在の国民生活に応じた、より実行性の高い指針へと改訂することが求められている。
本研究課題は、「健康づくりのための休養指針」の改訂に必要となる科学的および疫学的根拠を得ることを目的として、平成20年度より開始された。これまでの研究では、大規模疫学調査を実施して、「休む」ことを目的とした静的・消極的な休養と、「養う」ことを目的とした動的・積極的休養の両方の概念が独立して成人の主観的健康感と関連することを明らかにした。今年度の研究においては、日本国民のストレスおよびストレス対処行動、睡眠による休養不足、不眠症状、余暇の過ごし方に関する疫学データを集計するとともに、これらの間にみられる関連性を明らかにすることを目的とした。
B. 研究対象と方法
調査対象者およびデータの収集
本研究は、厚生労働省が実施した平成19年国民健康・栄養調査4によって収集されたデータを利用したものである。国民健康・栄養調査は国民の健康増進の推進を図るための基礎資料を得ることを目的に健康増進法に基づいて毎年実施されている。本調査の対象は、国民生活基礎調査のために日本全国に設定された地区の中から、無作為に抽出された300地区に暮らす1歳以上の住民の約15,000人であった。
本調査は、(1)身体状況、(2)栄養摂取状況、(3)生活習慣の3つの部門から構成された。データ収集の実務は対象地区を所管する保健所のスタッフが行った。
身体状況の部門では、対象者は地区内の公共施設に集められ、1歳以上の参加者の身長、体重が測定され、それに加えて、15歳以上の参加者では腹囲と血圧が測定された。さらに20歳以上の参加者には、常用薬に関する問診が行われたとともに、血液検査に用いるための採血が行われた。
栄養摂取状況の部門では、保健所のスタッフが対象世帯を訪問し、調査票を配布して記入要領を説明した。栄養摂取状況調査票には、1歳以上の世帯員全員の調査日一日間に摂取した食事内容が記入された。
生活習慣の部門では、栄養摂取状況調査票の配布の際に、15歳以上の住民を対象に自記式アンケート調査票が配布されて実施された。生活習慣調査票には、食事、喫煙、飲酒、運動、睡眠、歯磨きに関する質問が設定された。
すべての調査において、対象者には個人情報の保護と管理には充分配慮されることが説明された。
測定項目と定義
生活習慣調査票に設定された睡眠による休
養に関する質問は以下の通りであった「ここ1ヵ月間、あなたは睡眠で休養が充分とれていますか?」 回答形式は、{ 1充分とれている、2まあまあとれている、3あまりとれていない、4まったくとれていない}の4つの選択肢から一つを選ばせるものであった。統計解析においては、カテゴリー3と4を統合し、「睡眠休養不足」とした。不眠症状については、「ここ1ヵ月間、あなたは睡眠に関して次のようなことを感じたことがありますか。ア.夜、眠りにつきにくい イ.夜中に何度も目が覚める ウ.朝早く目覚めてしまう」と質問した。回答形式は、それぞれの不眠症状について{ 1全くない、2めったにない、3時々ある、4しばしばある、5常にある}の5つの選択肢から一つを選ばせるものであった。カテゴリー4と5を統合し、それぞれに症状が有りとし、これらの3つの質問のうち1項目以上満たす者を不眠症状有りと定義した。
ストレスに関しては、「ここ1ヵ月間に、不満、悩み、苦労などによるストレスなどがありましたか?」の質問に対し、{大いにある/多少ある/あまりない/まったくない}の4つの選択肢が設定され、“大いにある”との回答をストレスありとした。
ストレスがあったときの対処法については、以下の項目を設定し、該当するものをすべて選ばせた。1積極的に問題解決に取り組む、2体を動かして運動する、3趣味を楽しんだりリラックスする時間をとる、4テレビを見たり、ラジオを聴く、5家族や友人に悩みを聞いてもらう、6解決を諦めて放棄する、7我慢して耐える、8なんとかなると楽観的に考えようと努める、9刺激や興奮を求める、10酒を飲む、11たばこを吸う、12食べる、13特にない、14その他。
余暇の過ごし方については、以下の項目を設定し、該当するものをすべて選ばせた。1自宅でのんびりする、2友人・知人と過ごす、3運動する・スポーツジム・フィットネスクラブに行く、4ギャンブルをする、5ドライブや旅行にでかける、6習い事や資格取得に利用する、7ボランティア活動に参加する、8インターネットをする、9買い物にでかける、10宗教や信仰活動に利用する、11その他、12わからない。
統計解析
平成19年国民健康・栄養調査の参加者のうち、20歳以上の者を解析の対象とした。統計解析では、最初に、ストレスに関する質問への回答を性別、年齢階級別に集計した。二番目に、性別、年齢階級別に睡眠休養不足と不眠症状の有訴者率を算出した。三番目に、ストレスに関する質問への回答ごとに睡眠休養不足と不眠症状の有訴者率を算出した。四番目に、ストレスの対処法に関する質問への回答を性別、年齢階級別に集計した。五番目に、多重ロジスティック回帰分析を行って睡眠休養不足とストレス対処法の関連性を検討した。この時には、睡眠休養不足を目的変数に、個々のストレス対処法を共変量に投入した。六番目に、多重ロジスティック回帰分析を行って不眠症状とストレス対処法の関連性を検討した。この時には、不眠症状を目的変数に、個々のストレス対処法を共変量に投入した。七番目に、余暇の過ごし方に関する質問への回答を性別、年齢階級別に集計した。最後に、多重ロジスティック回帰分析を行ってストレスと余暇の過ごし方の関連性を検討した。すべての統計解析にはSPSS15.0 for Windowsを用いた。
倫理面への配慮
貸与された平成19年国民健康・栄養調査のデータからは個人識別情報は削除されており、参加者のプライバシーは保護された。
C. 結果
解析例は男性3,622人 女性4,197人、合計7,819人であった。解析例の年齢構成を表1に示した。比較的50歳代以上が多い集団であった。
性別、年齢階級別のストレスの自覚状況を表2に示した。ストレスが「多少ある」あるいは「大いにある」と回答した者は男女共に20歳代~40歳代に多く認められた。
性別、年齢階級別の睡眠休養不足と不眠症状の有訴者率を表3に示した。睡眠による休養不足(睡眠休養不足)は男女共に20歳代~40歳代に多く認められた。一方、不眠症状は男女共に50歳以上に多く認められた。
ストレスの程度と睡眠休養不足と不眠症状の関連性を図1に示した。ストレスの程度が大きくなるほど、睡眠休養不足や不眠症状の有訴者率は高値を示した。
性別、年齢階級別のストレス対処法を表4に示した。男性の「体を動かして運動する」と「テレビを見たり、ラジオを聴く」の2項目以外のすべての項目において、年齢階級による違いが認められた。「趣味を楽しんだりリラックスする時間をとる」ことを選んだのは、男女共に若年者ほど多かった。
睡眠休養不足とストレス対処法の関連性を検討した多重ロジスティック回帰分析の結果を表5と表6に示した。男性では、ストレスの対処として趣味を行うことにおいて、睡眠休養不足に関する調整オッズ比が低値を示した。一方、刺激や興奮を求めることにおいては、睡眠休養不足に関する調整オッズ比が高値を示した。女性では、ストレスの対処として趣味を行うこと、テレビやラジオを視聴すること、楽観的に考えることにおいて、睡眠休養不足に関する調整オッズ比が低値を示した。
不眠症状とストレス対処法の関連性を検討した多重ロジスティック回帰分析の結果を表7と表8に示した。男性では、ストレスの対処として趣味を行うことにおいて、不眠症状に関する調整オッズ比が低値を示した。一方、我慢して耐える、刺激や興奮を求める、飲酒することにおいては、不眠症状に関する調整オッズ比が高値を示した。女性では、ストレスの対処として趣味を行う、悩みを聞いてもらうことにおいて、不眠症状に関する調整オッズ比が低値を示した。
性別、年齢階級別の余暇の過ごし方を表9に示した。男性の「自宅でのんびりする」と「宗教や信仰活動に利用する」の2項目以外のすべての項目において、年齢階級による違いが認められた。余暇をどのように過ごすかは、性別や年齢階級によって異なる傾向が認められた。
ストレスと余暇の過ごし方の関連性を検討した多重ロジスティック回帰分析の結果を表10と表11に示した。男性では、余暇の過ごし方として「自宅でのんびりする」、「友人・知人と過ごす」ことにおいて、ストレスに関する調整オッズ比が低値を示した。女性では、余暇の過ごし方として「友人・知人と過ごす」、「運動する・スポーツジム・フィットネスクラブに行く」、「買い物にでかける」において、ストレスに関する調整オッズ比が低値を示した。
D. 考察
本研究では、全国規模の調査データを利用して、日本国民のストレスおよびストレス対処行動、睡眠による休養不足、不眠症状、余暇の過ごし方に関する疫学データを集計するとともに、これらの間にみられる関連性を明らかにした。これまでのところ、我が国においては、国民のストレス対処行動や余暇の過ごし方に関する疫学研究報告は乏しい。そのため研究結果は、今後の健康づくりに関わる休養の在り方を考えるうえでの基本的な資料となるものである。
本研究において、不満、悩み、苦労などによるストレスの程度が大きくなるほど睡眠休養不足や不眠症状の有訴者率は高くなり、これらの間には量-反応関係が認められた。これらの所見から、ストレスはヒトの睡眠を妨げる要因として極めて重要な意味を有することが伺える。日本で実施された一般住民を対象にした調査においても心理的ストレスが不眠症状や日中の過剰な眠気と促進的に関連することが報告されている。5,6また、日本人の
就労者を対象にした調査でも職業上のストレスが不眠症状や悪い睡眠の質と有意に関連することが知られている。7,8
睡眠は、休養の中でも最も重要な要素であり、充分に睡眠を確保して休養を図るためには不満、悩み、苦労などによるストレスに対して対処していくことが重要である。実際、ストレスに対して上手く対処できていると感じている人は不眠症状についてのオッズ比が有意に低いことも知られている。4今回の研究結果から、男性においては、「趣味を楽しんだりリラックスする時間をとる」ことは好ましいストレス対処行動であり、反対に、「我慢して耐える」、「刺激や興奮を求める」、「酒を飲む」ことは好ましくないものと考えられた。女性においては、「趣味を楽しんだりリラックスする時間をとる」、「テレビを見たり、ラジオを聴く」、「家族や友人に悩みを聞いてもらう」、「なんとかなると楽観的に考えようと努める」ことは好ましいストレス対処行動であることが示唆された。
休養は、「休む」ことと「養う」ことの独立した2つの概念で構成されるわけであるが、「養う」ことについては、余暇をどのように過ごすかということが直接的に関連する。そこで本研究では、余暇の過ごし方とストレスとの関連性を検討し、好ましい余暇の過ごし方を検索した。その結果、男性では「自宅でのんびりする」と「友人・知人と過ごす」、女性では「友人・知人と過ごす」、「運動する・スポーツジム・フィットネスクラブに行く」、「買い物にでかける」などがストレスの軽減の観点から好ましいものと考えられた。特に興味深いのは、男女共通して「友人・知人と過ごす」ことが検出されたことである。ストレスを貯め込まないためには、人とのコミュニケーションを図っていくことが重要であると考えられる。
E. 結語
充分な睡眠をとるためにはストレスを軽減することが重要であり、ストレス対処法として「趣味を楽しんだりリラックスする時間をとる」、「テレビを見たり、ラジオを聴く」、「家族や友人に悩みを聞いてもらう」、「なんとかなると楽観的に考えようと努める」ことが重要である。また、余暇の過ごし方としては「自宅でのんびりする」、「友人・知人と過ごす」、「運動する・スポーツジム・フィットネスクラブに行く」、「買い物にでかける」などが重要である。
参考文献
1. 厚
生省.健康づくりのための休養指針.
2. 原
野悟,野崎貞彦.適正な休養のあり方.日大医学雑誌.1994;53:7-11.
3. 野
崎貞彦.健康づくりのための休養-よりよい自己実現のために.公衆衛生 1994;58:861-4.
4. 厚
生労働省.平成19年国民健康・栄養調査報告 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou09/01.html
5. Kim
K, Uchiyama M, Okawa M, Liu X, Ogihara R. An epidemiological study of insomnia among the Japanese general population. Sleep. 2000;23:41-7.
6. Kane
ita Y, Ohida T, Uchiyama M, Takemura S, Kawahara K, Yokoyama E, Miyake T, Harano S, Suzuki K, Yagi Y, Kaneko A, Tsutsui T, Akashiba T. Excessive daytime sleepiness among the Japanese general population. J Epidemiol. 2005 ;15:1-8.
7. Doi
Y, Minowa M, Tango T. Impact and correlates of poor sleep quality in Japanese white-collar employees. Sleep. 2003;26:467-71.
8.
Utsugi M
, Saijo Y, Yoshioka E, Horikawa N, Sato T, Gong Y, Kishi R. Relationships of occupational stress to
insomnia and short sleep in Japanese workers. Sleep. 2005;28:728-35.

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan

寒さ対策に安眠家具

今日3月17日は彼岸の入りですね。
暑さ寒さも彼岸までと言われ、日中はだいぶ過ごしやすくなってきました。
それでも朝晩はまだかなり寒く、子供を起こすのも一苦労だったりします。

安眠家具SleepLaboは、90cmの幅で、奥行き高さともに70cm。内側の壁はフェルト仕上げとなっていることと、カーテンで仕切ることで、内部空間の熱を逃さない為、寒さで眠りが浅くなる事を防ぎます。夜間頻尿との因果関係ははっきりしませんが、眠りが浅く目が覚めてしまうのも、寒さが原因かもしれません。
布団から出ている顔や頭からの放熱も意外と大きいのです。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan

さんきゅう参道の準備

先日さんきゅう参道(3月26日開催)に参加することをお伝えいたしました。
ただ今準備の真っ最中です。
氷川神社の参道にベッドを置いて、その上に「安眠家具SleepLabo」を設置して、展示と説明を行います。もちろん試したい方には寝てもらう事もできます。
それを運ぶのも、折り畳みベッドとはいえ31Kgもあるし、スリープラボも25Kgあるので、準備をきっちりしなきゃいけません。

また当日説明するためのパネルと、お客様に渡すチラシ。
考えていると、次々に準備しなきゃいけないものが増えてきます。

説明もそんなに長時間かけるわけにもいかないので、簡潔に言いたいことをまとめなければいけませんし、ポイントを絞らなければいけません。

そういうことをやると、いろいろなことが見えてきます。
これまでにない商品なので、まず何を目的とした物なのかがきちんと伝わるようにしなければいけません。結果的にサイトリニューアルなどにつながっていきますね。
ネットでしか販売していないので、現物を見てみたい方にはいいイベントになりますし、反響があるなら今後もそのような機会を作っていきたいと思います。

 

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan

 

サイトリニューアル

ホームページを全面改装しました。

TOP写真に商品とモデル写真を入れ、何のサイトかわかりやすくしました。

いびきをコントロールできることと、生活習慣のコントロールの方が難しく、安眠家具が必要であることを、分かりやすくしました。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan