不眠症まとめサイト

不眠症に対する安眠家具SleepLaboの環境改善効果

不眠症というと睡眠薬を飲まなければ治らないと思う方が多いと思います。しかし、睡眠薬は副作用が怖いとか、耐性ができてすぐ効かなくなるとか、やはり心配になります。
睡眠薬・睡眠導入剤も、改良により安全性を高めた結果、以前の危険なほど効く睡眠薬の様には効きづらくなっています。その分安全性は高まりましたが、不眠症の絶対的な解決策ではなくなってしまいました。
睡眠薬に頼らない不眠症の改善には何が有効でしょうか。

日本の不眠症患者
日本人を対象にした調査によれば、5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」、「何らかの不眠がある」と回答しています。加齢とともに不眠は増加します。60歳以上の方では約3人に一人が睡眠問題で悩んでいます。そのため通院している方の20人に1人が不眠のため睡眠薬を服用しています。不眠症は特殊な病気ではありません。よくある普通の病気なのです。(厚生労働省 e-ヘルスネット)

心配事で眠れない事や、旅行の前に興奮して一晩や二晩眠れないことなどは誰でも経験があるでしょうが、それが何日も続くとなると、かなりつらいものです。

不眠症になるにはどのような原因があるのでしょうか?

不眠症の原因

からだの病気 高血圧や心臓病(胸苦しさ)・呼吸器疾患(咳・発作)・腎臓病・前立腺肥大(頻尿)・糖尿病・関節リウマチ(痛み)・アレルギー疾患(かゆみ)・脳出血や脳梗塞などさまざまなからだの病気で不眠が生じます。
また睡眠時無呼吸症候群やムズムズ脚症候群(レストレスレッグス症候群)など、睡眠に伴って呼吸異常や四肢の異常運動が出現するために睡眠が妨げられる場合も珍しくありません。不眠そのものより背後にある病気の治療が先決です。原因となっている症状がとれれば、不眠はおのずと消失します。
こころの病気 多くのこころの病気は不眠を伴います。近年は、うつ病にかかる人が増えています。

単なる不眠だと思っていたら実はうつ病だったというケースも少なくありません。
「早期覚醒」と「日内変動(朝は無気力で夕方にかけて元気がでてくる)」の両方がみられる場合には早めに専門医を受診してください。

薬や刺激物 治療薬が不眠をもたらすこともあります。
睡眠を妨げる薬としては降圧剤・甲状腺製剤・抗がん剤などが挙げられます。
また抗ヒスタミン薬では日中の眠気が出ます。コーヒー・紅茶などに含まれるカフェイン、たばこに含まれるニコチンなどには覚醒作用があり、安眠を妨げます。
カフェインには利尿作用もあり、トイレ覚醒も増えます。
ストレス ストレスと緊張はやすらかな眠りを妨げます。

神経質で生真面目な性格の人はストレスをより強く感じ、不眠にこだわりやすく、不眠症になりやすいようです。

生活リズムの乱れ 交替制勤務や時差などによって体内リズムが乱れると不眠を招きます。
現代は24時間社会といわれるほどで昼と夜の区別がなくなってきていますから、どうしても睡眠リズムが狂いがちです。
環境 騒音や光が気になって眠れないケースもみられます。

また寝室の温度や湿度が適切でないと安眠できません。

多くの原因のうち、「からだの病気」「こころの病気」は、元になる病気を治すことで不眠が解消されるため、まずは元の病気の治療が優先されます。ただし、元の病気自体が、慢性的な疾患であったり、元の病気の治療による「薬や刺激物」が不眠の原因となる場合があります。

「ストレス」

ストレスが原因と言ってもストレスそのものにも多くの原因があるわけですね。
東洋医学の考えで、病気の症状で病気を治す方法というのがあります。
病気の症状は、体がその病気を治すために戦って出ている症状ですから、同じ状態にして免疫の力を加算するということです。
風邪の時に熱が出るので、風邪っぽいと思ったら体を温めるという考えです。

ストレスの時に体に現れる反応を、意図的に起こすということ。
例えばストレスで胃が痛いときは、何も食べるなという体の反応なので、無理して食べない。胃薬などは飲まない。
極端に言えば、ストレスがあると眠れない人は、眠るなという体の反応ととらえ、ストレスがたまりそうな時にあえて寝ないで徹夜してみる。そうすると翌日には確実に深い眠りが得られるなどです。

ストレス解消というかストレスが溜まって何かにあたって壊したりすることがあります。一瞬のそう快感を味わうことにもつながります。ストレスを解消する一番はストレス元をなくすことです。何かを壊すのはそのストレス元を「破壊する」「なくしてしまう」ことの疑似体験となっているわけです。
ただ実際のストレス元がなくなっているわけでなければ、そう快感も長続きはしません。
最終的にはストレス元から離れてしまうか、克服してしまうしかないですね。
ストレス解消のもう一つ確実な方法として、質の良い睡眠はストレス自体を解消します。不眠症の解消方法が良質な睡眠でもあるのです。

「生活リズムの乱れ」「環境」

睡眠環境を作るという事

株式会社RUDDERでは、いびきや睡眠時無呼吸をコントロールしつつ、安眠家具SleepLaboでQOL向上を目指すと同時に生活習慣の改善を行うことを推奨しています。
また睡眠環境の改善により、ストレスを軽減し、不眠症の改善を目指します。
多くの研究結果により、不眠症には多くの原因があり、その原因によっては、睡眠薬・睡眠導入剤の効果が出にくく、睡眠環境の改善が不眠症に効果が高いとされています。
睡眠環境とは、「騒音」「明るさ」「温度」「湿度」などに加え、交代勤務などによる「睡眠に入る時間の不規則」などです。
不眠症の治療方法には、睡眠薬の処方はじめ、認知行動療法による改善が認められていますが、睡眠環境を改善すること自体は、どのような不眠症の原因であっても、改善効果を高めることが認められています。
環境の改善には、寝室そのものの改善を行うことが考えられます。
しかしながら、防音の部屋、遮光カーテン、冷暖房や加湿器で対処したとしても、一緒に生活する相手がいれば、必ずしも自分本位では調節できません。時間のずれ、趣味の違い、パートナーのいびきなどの生活音。
睡眠はもっともパーソナルな世界です。

自分だけの環境を作るための環境改善。安眠家具が最も睡眠環境改善に有効です。

安眠家具SleepLabo  商品紹介

睡眠薬の問題点

「医者が教えない精神科のこと」というサイトで、管理人の「Dr.G」による、医学的根拠に基づいた情報と医師個人の見解という記事によりますと、睡眠薬はそもそも不眠を治療するものですので、よく眠れていないという感覚を治療するものではありません。

ましてや睡眠薬(特にベンゾジアゼピン系)の依存性は最短で1ヶ月以内の内服でもできることがあることを考えると、いくら短期間といえども安易に飲むべきではないのかもしれませんね。

つまりは睡眠薬を飲むべき状況というのは、健康な睡眠をとっている前提で(生活習慣的に、極端に寝る時間が少なくはない、明らかに眠れないだろうという状況がない、パートナーからも「よく眠っていそうだよ」と言われる)にもかかわらず、日中過度の眠気が来てしまう、これを不眠症として睡眠薬での治療を検討するのがいいのだと思います。

個人的とはいえ医者の見解としてでもこのようであるのに、安易に処方され、かつ長期に服用されているのが実情です。

特に高齢者については、加齢とともに必要な睡眠時間が少なくなっているにもかかわらず、若い時と同じように7時間8時間眠れていないからと言って、睡眠薬を常用している方が非常に多い。

強い依存症となり、薬の強さや服用量も多くなっています。そして、睡眠薬の恐ろしい副作用である、認知機能の低下。いわゆる認知症という病気になるのではなく、認知症と同じ症状が出るわけです。薬をやめれば症状は消えるので、薬の副作用である事は間違いないと思いますが、製薬会社も医者も、睡眠薬の長期使用で認知症になるということは認めません。そのような似た症状が出るだけで、その病気になるわけではないので、間違ってはいないでしょうが、依存性が強くやめられない事と、認知症と同様の症状がでれば、結果的に認知症になっているのと変わらないわけです。

そしてやめようとしても今度は禁断症状の苦しみが、麻薬以上であれば安易に処方することがどれほど危険かということです。

睡眠薬や睡眠導入剤も、本当に眠れないときに利用する1回分とか、数日分とかで十分だし、定期的な職業などを持たない高齢者に至っては、あえてその時間に眠らなくてもよいわけです。

夜眠れないからと睡眠薬を常用している高齢者が、昼間ベッドで寝ている時間が長いというのは、単なる薬漬けでしかありません。

睡眠薬・睡眠導入剤の危険性については

睡眠導入剤の危険性1
睡眠導入剤の危険性2
睡眠導入剤の危険性3
睡眠導入剤の危険性4

安眠の為のテクニック

心理的要因は不眠症のもととなる「眠れない」状況を作り出します。
(論文)心理的要因が睡眠状況に及ぼす影響

その状況を解決するテクニックがあります。
笑顔で目覚める安眠⑤不眠症の対処

認知行動療法
不眠の原因を知り、「ベッド=不眠」の状態から、体を切り離します。そのうえで、眠くなってからベッドに入ることで、「ベッドに入る環境状態=睡眠」を作ることを続けます。
やがて、体がベッドに入ることで安心して睡眠に入ることを覚え、不眠状態を解消します。

不眠症の認知行動療法

 

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan

 

いびき解決!安眠でストレス解消!静かな海と楽しい航海 楽しく仕事をしていれば、きっと未来は明るい。世の中明るくしましょうよ。