睡眠導入剤の危険性-2

タイタンビカスの赤が咲きました。白い花はトロピカルながら優雅な雰囲気ですが、赤は情熱的な力強さを感じます。
今日は本格的な夕立もどきというか、雷ばかりで通り過ぎましたが、山のほうは降っているのでしょうね。三連休でキャンプなどに出かけている方は、河原の増水などにご注意ください。

最初に睡眠導入剤と睡眠薬の違いについて、作用時間の違いを見ていきましょう。

 

一般的に睡眠導入剤というと、一番強く作用する時間が服用から短時間でピークになり、徐徐に効果が薄くなります。寝つきをよくするタイプということになりますね。

ピークの時間が服用から三時間以内ぐらいを睡眠導入剤と呼んでします。短時間型とか、超短時間型と言われます。

寝つきに問題がないけれど、夜中に目が覚めてしまう方に向いているのは、睡眠導入剤とは言われないタイプで、ピークが三時間以上後に来るタイプが処方されることになります。

中時間型や、長時間型と言われます。

そして、ピークの強さについては、薬の種類によって、違いがありますが、同じ系の薬であれば、強さそのものはほぼ同じになります。

 

同じ系であれば強さが同じと書きましたが、その種類は以下のようになります。

① バルビツール系睡眠薬

② ベンゾジアゼピン系睡眠薬

③ 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

④ メラトニン受容体作動薬

⑤ オレキシン受容体作動薬

 

一般的には①が一番強く、順に弱くなり⑤が一番弱くなります。そして、その副作用は強さと比例することになります。現在では、一番強いバルビツール系睡眠薬は徐々に生産を中止しつつあり、ほぼ処方もされていません。

上記5種類が日本で認可されている睡眠薬です。最近ネットで個人輸入の代理店みたいなものがあるようですが、海外の睡眠薬に関しては、すべて自己責任ですし、正直麻薬の個人輸入と何ら変わりがないように思います。

賢明な方は決して手を出さないでしょう。不眠のつらさはよくわかりますが、薬物依存からの脱却はその比ではありません。

 

さて、次回は、睡眠薬の依存症について書いてみたいと思います。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan