皇帝ダリア

img_3389-1

すっかり冬の気温となった11月に、大輪の花を咲かせる「皇帝ダリア」。すっきり晴れた青空に映えます。

短日植物ですので、日照時間が短くなり始めると花芽をつけるという特徴があり、開花時期が11月中旬から12月となるようです。光の当たる時間を感じ取っているのですね。そのため街灯などが近くにあって、光の当たる時間が短くならないときは花をつけないこともあるようですので、育てるときにはご注意を。

人も明るすぎると安眠できないように、環境って大切です。

奈良医大の研究で、高齢者の就寝時に平均5ルクス以上の光を浴びている人はそうでない人と比べ、うつ病の発症率が1.77倍、睡眠障害の発症率が1.75倍となっており、脳卒中の発症率はなんと2.05倍にもなるようです。また、平均3ルクス以上の場合は、そうでない人と比べ肥満症や脂質異常(高中性脂血症、高LDL血症、低HDL血症など)の発症リスクが1.9倍になっています。
肥満と就寝時の明るさの関係は英オックスフォード大学の研究でも指摘されており、2014年5月に、16歳以上の女性約10万人を対象に調査したところ、就寝時に浴びる光が明るいほどBMI(体重を身長の2乗で割って算出する肥満度)が高くなっていたという研究結果が発表されています。運動習慣や食事量など、他の要因の影響を考慮しても結果に変化はなく、明るい部屋で寝ているだけで太ってしまうということです。

パートナーと同じ部屋でいることの良いところと、ストレスの原因となる事をなくすことを同時に実現するのが「Sleep Labo」のいいところなんですよ。

 

ストレスを軽減し、活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」特許出願済み。国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

 

 

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリック

sleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan