いびきコントロールと安眠家具

いびきも睡眠時無呼吸も気道の狭小化が原因で起こっています。
気道の狭小化を起こしている原因の一つが胃食道逆流症です。

太っている人がいびきをかきやすいと思われがちですが、いびきをかくとか、睡眠時無呼吸症状を起こしやすくなる生活習慣が、同じように肥満を作り出してもいるのです。そして、肥満自体もそれだけでは病気ではありません。

これらは合わせて生活習慣病のもととなる状況を作り出しています。しかし、生活習慣病の代表的疾患である高血圧、脂質異常症、糖尿病、癌、心臓病、脳疾患を作り出すのは、生活習慣の改善を行わなければ、治療にはなりません。手術でいびきを止めても、CPAPで無呼吸症状を止めても、生活習慣を変えない限り、あらゆるところから生活習慣病が顔を出してきます。対処療法に陥ってはいけないということです。
生活習慣を変えるということは時間がかかります。急激な変化は、無理なダイエットです。多くの場合がリバウンドとして帰ってきます。
時間をかけてかかってきた生活習慣病は違う生活習慣を取り入れて定着するまで時間がかかるということです。
その間うるさいいびきを閉じ込めながら、生活習慣改善を行うようにするのが、「安眠家具」です。
生活習慣病に陥るストレスなどを軽減するにはできるだけ良好な安眠環境を作ることが最善策です。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan