遮光性

寝るときに真っ暗だとか、少し明かりがないと眠れないとかは、好みです。
生理的にどちらがいいかを研究した結果よりも、まず眠れるかどうかがさきですね。
好みは一人ひとり違いがありますし、変わることは容易にあります。真っ暗じゃないと眠れないと言っていた人が、子育て中に明かりをつけて寝る習慣から明かりがないと眠れなくなったりします。その逆もよくあります。

ただ、自分の好みでないと眠れないというのは、割と共通で、しかも一晩でも不快だったりします。
集団の旅行などで、明かりの変化で眠れない人は、まわりか寝静まってから、豆電球をつけたり消したりすることもよく聞きます。

夜寝るときの明かりなら調整はできますが、夜勤の方など日の明るいうちに寝る必要があれば、かなり苦労されているということは聞きます。もちろん明かりだけでなく昼間のほうが騒音も多いでしょう。

 

夜勤の方は、自律神経の働きに支障をきたして体調を崩す方も多いですが、睡眠の深さなどは影響が大きいと思います。

 

環境省 公害対策ガイドライン

https://www.env.go.jp/air/life/hikari_g_h18/full.pdf

 

安眠家具による睡眠環境の確保が大切ですね。グローバル社会というにはまず環境から。

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan