夜間の豆電球仕様が肥満・脂質異常症のリスクになる可能性を示唆

寝るときの部屋の明るさについては、賛否両論あるようです。明るすぎるのは問題外として、真っ暗がいいのか、少しくらいの明かりがあったほうがいいのか、それぞれに理由があるのですが、きちんとした研究成果として、論文発表になっているものでは真っ暗に結果が出ているようです。

 

奈良県立医科大学  発表日:平成25年1月9日

夜間の豆電球仕様が肥満・脂質異常症のリスクになる可能性を示唆

本研究は、528人の高齢者の自宅寝室に設置した照度センサーで測定した夜間暴露照度が平均3ルクス以上の群(中央値:83.7ルクス)で平均3ルクス未満の群と比べ、肥満症や脂質異常症の有病割合が1.9倍であることを認めました。

http://www.naramed-u.ac.jp/pdf/news/2013/250109Endocrine-News.pdf

 

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan