睡眠導入剤の危険性-4

わが家の伊予柑が大きくなってきました。今年は実のつき方が少ないのですが、その分大きくなりそうな期待ができますね。

睡眠導入剤の危険性-4

不眠症の薬である睡眠薬や睡眠導入剤は、何らかの障害により睡眠が阻害されている症状があり、その症状の緩和に対しては、障害によって失われた機能を補填するための薬であると考えるべきです。
そのため恐ろしい副作用があっても、それ以上に眠れない苦しさが強い場合に処方されるべきお薬であると思いますが、あまりにも安易に処方されていると思います。
特に高齢者については、加齢とともに必要な睡眠時間が少なくなっているにもかかわらず、若い時と同じように7時間8時間眠れていないからと言って、睡眠薬を常用している方が非常に多い。
強い依存症となり、薬の強さや服用量も多くなっています。そして、睡眠薬の恐ろしい副作用である、認知機能の低下。いわゆる認知症という病気になるのではなく、認知症と同じ症状が出るわけです。薬をやめれば症状は消えるので、薬の副作用である事は間違いないと思いますが、製薬会社も医者も、睡眠薬の長期使用で認知症になるということは認めません。そのような似た症状が出るだけで、その病気になるわけではないので、間違ってはいないでしょうが、依存性が強くやめられない事と、認知症と同様の症状がでれば、結果的に認知症になっているのと変わらないわけです。
そしてやめようとしても今度は禁断症状の苦しみが、麻薬以上であれば安易に処方することがどれほど危険かということです。
睡眠薬や睡眠導入剤も、本当に眠れないときに利用する1回分とか、数日分とかで十分だし、定期的な職業などを持たない高齢者に至っては、あえてその時間に眠らなくてもよいわけです。
夜眠れないからと睡眠薬を常用している高齢者が、昼間ベッドで寝ている時間が長いというのは、単なる薬漬けでしかありません。

睡眠導入剤の副作用について、「おくすり110番」から引用させていただきます。

① バルビツール酸系睡眠薬

商品名としては、バルビタール、ラボナ等

バルビタールの副作用

【重い副作用】

依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある。

呼吸抑制..息苦しい、起床時の頭痛・頭重感。

重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。

 

【その他】

眠気、ボーッとする、注意力・集中力低下、頭が重い感じ、頭痛。

ふらつき、めまい感。

発疹、じんま疹、発熱。

腎臓の異常(蛋白尿など)

長期連用で効き目が悪くなる。

② ベンゾジアゼピン系睡眠薬

商品名としては、ハルシオン、デパス、レンドルミン等

ハルシオンの副作用

【重い副作用】

依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある。

精神症状..もうろう状態、異常行動、夢遊症状、興奮、取り乱す、幻覚。

一過性前向性健忘..服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜中に起きたときの出来事を覚えていない、もうろう状態。

呼吸抑制・炭酸ガスナルコーシス..息苦しい、窒息感、翌朝の頭痛、頭が重い。

 

【その他】

眠気、ボーッとする、頭が重い感じ、頭痛。

ふらつき、めまい感、けん怠感、脱力感。

口が渇く

長期連用で効き目が悪くなる。

 

デパスの副作用

【重い副作用】

依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある。

刺激興奮..興奮、もうろう状態、取り乱す、かえって眠れない。

呼吸抑制..息苦しい、起床時の頭痛・頭重感。

 

【その他】

眠気、ボーッとする、注意力・集中力低下、頭が重い感じ

ふらつき、めまい、けん怠感、脱力、まぶたが下がる

生理不順、乳汁分泌

長期連用で効き目が悪くなる

③ 非ベンゾジアゼピン系睡眠薬

商品名としては、マイスリー、アモバン等

マイスリーの副作用

【重い副作用】

依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある。

精神症状..もうろう状態、異常行動、夢遊症状、興奮、取り乱す、幻覚。

一過性前向性健忘..服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜中に起きたときの出来事を覚えていない、もうろう状態。

呼吸抑制・炭酸ガスナルコーシス..息苦しい、窒息感、翌朝の頭痛、頭が重い。

肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

 

【その他】

眠気、ボーッとする、頭が重い感じ、頭痛。

ふらつき、めまい感、けん怠感。

口が渇く、吐き気。

発疹、かゆみ。

長期連用で効き目が悪くなる。

 

アモバンの副作用には、アナフィラキシーがさらに追加されます..発疹、じんま疹、全身発赤、顔や口・喉や舌の腫れ、咳き込む、ゼーゼー息苦しい。

④ メラトニン受容体作動薬

商品名としては、ロゼレム。

ロゼレムの副作用

【重い副作用】

アナフィラキシー様症状..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい。

 

【その他】

めまい、頭痛、眠気、けん怠感

プロラクチン上昇(生理不順、無月経、乳汁漏出、性欲減退)

⑤ オレキシン受容体拮抗薬

商品名はベルソムラ。

ベルソムラの副作用

眠気、めまい、ふらつき、疲労感、頭痛

悪い夢、入眠時幻覚、睡眠時麻痺(金縛り)、夢遊症

 

番外編 一般市販睡眠薬

ジフェンヒドラミン塩酸塩

商品名はドリエル、ウット等

市販の睡眠改善薬が人気でよく売れているようですが、主成分はすべてジフェンヒドラミン塩酸塩です。抗ヒスタミン薬の副作用である眠気を利用したもので、抗ヒスタミン薬で眠くならない人は全く効きません。また元から同じ成分でアレルギー薬として市販されているレスタミンコーワ錠の10倍の価格で製薬会社は大儲けというわけです。

そして、当然副作用もあります。

口の乾きや、眼圧の上昇、排尿障害等と眠気です。緑内障や、前立腺肥大、排尿障害がある方は十分な注意が必要。眠気については、睡眠改善薬ですから眠気があって当然と思われるかもしれませんが、いわゆる睡眠薬ではないため、薬効6時間に対し、睡眠時間が短い場合に、翌日の日中の眠気などとして残ることがあります。また、4日連続で使うと、眠気に対しての耐性ができ、プラシボ薬との差がなくなります。

エスエス製薬から出されているドリエルの副作用としては、眠気、悪心、頭痛、多夢、心高部痛、夢・気分不快、起床時の頭重感です。

 

不眠の解消には、生活リズムと睡眠環境の改善です。一時的な不眠症状を安易に薬に頼るのは、うつ症状や自殺、他害行為に至る非常に恐ろしいリスクを伴うことであるという認識が必要であると思います。

 

ストレス減で活力ある未来に貢献する、株式会社RUDDER。

特許出願済み。まぶしい!うるさい!寒い!を解消。安眠家具「Sleep Labo」国産家具の安心安全をお届けします。

うるさいいびき、止まらない、止められない。でも大丈夫。  いびきを解決する唯一の方法。

お求めのショップへは緑ボタンをクリック(BASE)
sleeplaborogobotan2

代金引換現金でのご購入は黄色ボタンをクリックsleeplaborogo%e4%bb%a3%e5%bc%95botan